19歳のジェイコブ

十九歳のジェイコブ (角川文庫)
日本がまだ勢いをもっていたころの、多感な若者の青春記という感じです。19歳のジェイコブの思想、行動は今の時代に現れようがないことに寂しさを感じます。