通勤読書で読了。

久し振りのビートたけし本。

なかなか含蓄ある「間」の話です。

生と死の「間」が人生。

間抜けの構造 (新潮新書)

間抜けの構造 (新潮新書)