続編読みました。

日本沈没 第二部
日本沈没から世界沈没へ。首相と外務大臣の緊迫する遣り取りに前作の小松左京らしさを感じました。
次は何を読もう?